“ 少し不便なぐらいでちょうどいい ”

私らしくあなたらしく。そして人間らしく生きたいと願うすべての方に

自己開示=自己の切り売り? ~自分というリソースも無限ではない~

 

 私がよく読んでいるブログのひとつに、fujiponさんの「いつか電池がきれるまで」があります。 (いつも参考にさせていただいております!)
 けっこうな高頻度で更新されているのにもかかわらず、文章が読みやすく、記事内の引用 (参考文献) も多いことから、毎回「私もブログ書き続けたら、こんな上手に文章を書けるようになれるんだろうか…」と思いながら読んでおります。笑

 

 

 

そんな中、昨日更新された記事が下記のエントリです。
このエントリは、さらに別の方のエントリを引用しているため、その両方からあたります。fujipon.hatenablog.com

 

 

オリジナルはこちらです。zeromoon0さんの「さよならドルバッキー」。
(夜分に失礼いたします。はじめまして、はりーです。)

nogreenplace.hateblo.jp

 

 

zeroさんのエントリを要約しますと、
つい最近話題になった新聞記事 「父の死をSNSに投稿した夫が許せない」を中心に、SNSが持つ「見られる」という性質は「自分を切り売りする」とも言い換えられ、その性質 (本質) に気づかぬままでいると、自分自身が消耗してしまったり、今回のような問題になってしまうことを示唆しています。

 

 

そして、fujiponさんも記事内で引用していましたが、私も大変に共感を覚えた文章が、下記のところ。

 自己というのもリソースで、無限に湧いてくるリソースなんていうものはどこにもないと思う。自分を切り売りして何かを発信している人は、いつかネタが枯渇する。その時に余所にリソースを求めるのか、自己をもう一度育て直すのかはその人次第であるけれど、大体は枯渇したものは元に戻らない。そして枯渇したことに気が付かない人は結構多い。そもそも自己を切り売りしていた自覚すらないのかもしれない。

(※ 太字ははりー注。)

 

この文章に対しfujiponさんは、

 SNSや個人ブログのコンテンツって、ある程度コンスタントに更新し続けようとするのならば、結果的には「自分」しかないのだと思う。
 調べたことや研究結果などを書くことは不可能ではないけれど、日記は毎日綴ることができても、研究論文を毎日提示できる人はいないだろう。
 書き続けるには、自分自身のことか、自分というフィルターを通した世の中の事象をアップロードし続けなければならないのだ。
 極論すれば、「露出狂」か「いっちょ噛みしたい人」でないと、ネットで生き続けるのは難しい、ということになる。

 (※ 行間の調整および、太字ははりー注。)

と述べております。

 

 

 実は、(言葉は違えども) 私の親友も上記のお二方とほぼ同じ内容のことを以前話していまして。

 彼はブロガーでも何でもなく一会社員ですが、社内でのコミュニケーションを潤滑に進めていくためには、ある程度自分の情報を開示していく必要があると感じたとのこと。その情報開示のことを彼は「自己の切り売り」と表現していたのを思い出し、今回筆を取った次第なのです。

現実のコミュニケーションですら、ある程度の自己切り売りが必要であるならば、リアルとWEBの違いは、(当たり前といえばそうですが) 「情報リソースの活用効率の低さ」と「情報を開示する相手 (対象)」ではないのでしょうか。

 

 例えば、私がリアルでその親友と話していたとしましょう。以前話した時点から現在までに発生した出来事やそれにまつわる感想など、いわゆる自己リソースはある程度蓄積された状態でいます。それらを話題とする、つまり蓄積されたリソースを消費していくと、ある時点でフッと話題が途切れる・・・すなわちリソースの枯渇が発生します。
(枯渇というか、厳密にはリソースの「エンプティランプ (自動車の給油ランプ)」が点灯した状態を指すでしょうが。)

 ただし、対面でのコミュニケーションであれば、同じ話題を別の観点から再度話したり、今その瞬間で発生したことを話題とすることができます。省燃費リソースとでも言いましょうか。笑 
どちらの点においても、対面コミュニケーションの特徴である情報の流動性をうまく利用しているのではないかと考えられます。加えて、対面なら表情・身振り・声・文字とリソースの活用効率も高いですし

(…まぁこんなことを書きながらも、実際に上記のようなことを考えながら親友と話しているわけではないですし、いくら仲のよい人であっても同じ話題を何度もするとさすがに呆れられますよね。笑)

 

 だが、それがSNSやブログなどのオンライン上になると、上記の例であげたようようにはいかなくなります。所有しているリソースは、基本的に文字情報 (時に画像を中心とした視覚情報) にしか変換されないため、活用効率は低くなるし、それに伴って情報量も減少するため誤謬性も高まります。

 加えて、WEBの特性上、インターネットにつながる誰もがそれを見ることができるため、より「自分を切り売りしている」という感情が希薄になり、それがリソースの枯渇により拍車をかけているのかもしれない…と考えることもできます。

単に「気を遣う」ってだけなのかも知れないけれども。笑

 

 

・・・と長々と書いてきたが、私もブログを書いている以上、自分を切り売りしているのだからお二方のエントリで書かれていた内容を、しっかりと心に留めておかなくてはならないですね。
「ミイラ取りがミイラになった~」なんて笑い話は、今はできればしたくないですし…(^▽^;)

 

 

 

そういえば余談ですが、「リソース」とは少し違いますが、リンダ・グラッドン & アンドリュー・スコット著の " LIFE SHIFT(ライフ・シフト) ー100年時代の人生戦略ー " の中で、知識や人脈などを「資産」として考えているのを思い出しましたので、リンクを載せておきます。
この本もう一度読みたいな・・・。

 

store.toyokeizai.net