“ 少し不便なぐらいでちょうどいい ”

私らしくあなたらしく。そして人間らしく生きたいと願うすべての方に

車好きな私が、ロードスターを買うと決めるまで

今回は自己紹介の続きとして、趣味 (車) のことを書いていきたいと思います。

 

 

車好きになるまで

 (唐突ですが) はりーさんは車好きです。 "マツダ・ロードスター (ND)" に乗っています 。一言に「車好き」と言ってもいろんなパターンがありますが、私の場合は「運転そのものが好き」というケースです。
 学生の頃から年間で20,000km以上走っていましたが、ロードスターに乗り換えてからはそれを上回るペースで、1日あたり平均100kmというすさまじいことになっております。笑
 
----------------------------------------------------------
[ ロードスターに関する補足説明 ]
 あまり詳しくない方のために、ロードスターという車について簡単にご説明いたします。
 マツダ・ロードスター (海外名: MX-5) は、2シーター (2人乗り) でオープンカーという趣味性の高い車でありながら、四半世紀以上の歴史を持ち、世界中でファンが多い車なのです。「世界で最も多く生産された2人乗り小型オープンスポーツカー」というギネス認定もされております。
 「ND」というのは型式名でどの世代のロードスターなのかを指す呼称となっており、初代から"NA"、2代目"NB" 、3代目"NC" 、そして現行型の"ND"といった具合になります。現行型では、屋根が幌のもの (手動開閉) と金属のもの (電動開閉) があり、私のは幌になります。

[1] 幌屋根のロードスター   :【MAZDA】ロードスター - SKYACTIV TECHNOLOGY搭載車
[2] 金属屋根のロードスター(RF):【MAZDA】ロードスター RF - SKYACTIV TECHNOLOGY搭載車

 ----------------------------------------------------------
 
 
 
 車好きの遍歴を軽くお話しますと、小さいころからその片鱗あって「好きなゲームのジャンルは?」って聞かれると「レースゲーム」と言えるぐらいでした。
 
中でも、プレステの「チョロQ 3」と「グランツーリスモ 3」、アーケードの「湾岸ミッドナイトR」はめちゃくちゃやりこんでましたね~。
ちなみに、湾岸ミッドナイトのおかげで、小学生ながらも首都高の地図を覚えてしまっていました。笑
(今日でも大変役にたっております…)
 
 
 大学2年生のときに親の車 (ホンダ・フィット) を譲ってもらったのですが、当時はそこまで興味があるわけではなかったのです。
 
きっかけになったのは、あるとき私の車を見た友人が何気なく発した一言。
 
「汚い車だなぁ・・・」
 
と。(笑)
 
 そこから車を労わるようになったのですが、学生なのでお金がありません。
そこで家にあった洗車用品を使って自分で洗うようになり、気がついたら車に愛着を持つようになっていました。
 
 
 
 

ホームページで一目惚れ!! その箇所とは… 

 ロードスターという車そのものは小さいころから知っていました。
 
学生時代に車好きを自覚してから、いろんな車のカタログページを見たりレンタカーを借りてドライブしていましたが、正直ロードスター (当時の現行モデルは "NC" ) にはあまり興味を持っていませんでした。

 そんなある日、ネットニュースで「今春 (2015年) に新型ロードスター発売!」みたいな記事を見つけて、「ちょっと見てみようかな」ぐらいの軽い気持ちでマツダのHPを見に行ったところ・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メーターに一目惚れしました。(ウットリ)

f:id:harryard:20170513235518p:plain図: はりーさんが一目惚れしたロードスター(ND)のメーター (画像は公式HP[1]より)

 
 
 
 
 
 
「いや、メーターかよっ!?Σ」
とツッコミが飛んできそうなのですが、私、昔から車のメーターを見ているのが好きでして・・・。

え? どれくらい好きかって…?
 
 
 
幼稚園の卒業文集に車のメーターを描くぐらい好きなんだよ。
(※ 当時はそこまで考えていませんでしたが、いわゆるインタフェースデザインを見てるのが好きなんです。)
 
 
 
 
 これまで(NCまで)のロードスターは、クラシックというかレトロというか・・・ちょっと大人~な感じのデザインが多かったんですね。それはそれで車の雰囲気と合っていてよかったのですが、興味を持つほどではなくて。
 
 でもNDでは、これまでのメーターとしての役割をしっかり果たすシンプルなデザインは残しつつ、常時発光メーターと液晶モニタを採用することで、"温故知新"なデザインに変わりました。
 
・・・まぁ、これがはりーさんのドストライクだっただけなんですけどね。笑
 
 
 
 

決め手の一言「少し不便なぐらいでちょうどいい」

 メーターに一目惚れしてからは(笑)、ネットや本でNDのことを調べたり、レンタカーを借りて実際に運転してみたりしました。
 
すでにこの時点では車好きであることを自認していたため、「運転する楽しさを追及した車を所有してみたい!」といった気持ちやスポーツカーへの憧れみたいなものもあって、自分の中ではほぼ確定の状況だったのです。

 実際、家族からも「(こういう趣味性の高い車は) 若いうち、もしくは定年後しか乗れないからね~」と散々言われていたので、買うなら「今でしょ! (あ、古い…?)」と思っていました。
 
 
 
 しかし、ロードスターに限らないですが、スポーツカー (しかもオープンカー) となるとネガティブな情報もたくさん出てきます。
 
  よく挙がるのが、
「人が乗らない、荷物も載らない」 
…まぁ、当たり前ですよね。笑
 
 
そのほかにも、
  • オープンカーは同乗者が嫌がる (日差しや人目の問題で)
  • 車高が低いから乗り降りしにくい
  • 維持費がかかる
  • 女の子にもてない (笑)
などなど。
 
 
 
 
 そんなことをお世話になっている美容師さんとお話していたところ、以前弟さんがNAを所有していたとのことだったので、そのときの感想を尋ねてみたら・・・
 
確かに人も2人しか乗せられないですし、お世辞にも、荷物が載るとは言えないですもんね。
長いものなんかは、助手席に乗せて屋根からはみ出すようにしなきゃいけないですし…笑
(※ 実際に、このように工夫して乗られている方がとても多いです。)
 

でも、その "少し不便なぐらい" が (ロードスターっぽくて) ちょうどいいんですよ~。
 
…!!
 
 
 その美容師さんは、ロードスターのことに対して言っただけでしたが、私にとっては雷にうたれたような衝撃でした。
 
 
 確かに、今の世の中って便利なものがあふれて感覚が麻痺してきてしまったんじゃないか。少しぐらい不便なのが、生きていくのにはちょうどいいんじゃないかって。
 
ことわざでも「過ぎたるは猶及ばざるが如し」とも言うし。
 
 
そう思った途端、ロードスターの不便さを逆手に取ってやろうと考えるようになりました。
 
 
●「人が乗らない」
⇒ これまで5人乗りのフィットに乗ってきて、3人以上乗せる機会が年間で何日あったか? 
私の場合2人乗れれば十分だし、3人以上のときはレンタカーでいいじゃないか。
結婚して子供ができたら? そのときはもう1台買えばいいさ (ハッハッハ)
 
 
●「荷物が載らない」
⇒ 載らないとは言っても中サイズのスーツケース1個は入るし、2人で3泊ぐらいの旅行なら問題なし。
トランクに入らないような大きいのは、軽トラか配送サービスでも使えばOK。
 
友達と2人でIKEAに行ったけど、問題なかったよ。
 
 
むしろ、生きていくうえで本当に必要なものってそんな多くはないはず。
それこそ、ロードスターのトランクに収まるぐらいの量で十分じゃないか。
 
 
 
と、こんな具合で、美容師さんの何気ない一言によって逆転の発想 (?) ができ、私の中で「ほぼ確定」から「確定」に気持ちが切り替わりました。今からちょうど2年前…、現行型のNDが発売開始になる少し前だったと思います。
 
なお、すでにお気づきでしょうが、ブログのタイトルもその一言から取らせていただきました。
 
 
 
 
そして今、ロードスターに乗り始めて半年が過ぎましたが、やっぱり買って正解でした。
 
運転が楽しいのでどこまでも行けてしまうようなこの感覚、
イヤなことがあってもオープンで走れば忘れてしまうぐらいの開放感、
そして何より、乗るたびに「少し不便なぐらいでちょうどいい」と思うことができる。
 
傍から見たらたった1台の車ですが、私にとっては何事にも代えがたい大切な相棒です。
これからもどうぞよろしく! 目指せ、月(30万km)まで !!
 
 
 
 
P.S.
強いて不便な点をあげるとしたら、車中泊できないことですかね。笑
まぁ、テント生活でもしましょうか\(^o^)/
 
 

f:id:harryard:20170514000427j:plain