“ 少し不便なぐらいでちょうどいい ”

私らしくあなたらしく。そして人間らしく生きたいと願うすべての方に

「Android歴8年の上級者達が選ぶ、神アプリ比較」という広告について考えてみる

昨日、タブレットでWEBページを見ていたらこんな広告がでていました。


f:id:harryard:20170517231028p:plain

 

 

 いろんな所でしょっちゅう出現する広告なので、みなさんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか (^^;)

 

 

 ・・・ところで、これを見て何か違和感を感じませんでしたか?

 私は最初は特に何も感じなかったのですが、よく見てみると「ん? (@∀@;)」と思うところがでてきました。

 

 

 

だってさ・・・・

 

 

 

 

 

 なんで画像がiPhoneなんじゃいっ!笑
 (ここはあえて "iOS" と言うべきか…)

  「Android歴8年の…」なら、そこは "Xperia" とか "Galaxy" じゃないのかよ・・・。

 

 

 

 ・・・いや、待てよ。もしかしたら私が何かを勘違いしているだけで、本当はあえてiPhoneの写真を載せていることに意味があるのかもしれない。

 というわけで、私なりに考察してみました。

 

 

 

● 仮説1:実は、(自称)Android上級者が選ぶ "iPhoneの" 神アプリ説

 

 まず浮かんだのはこれですね。ご存知のとおり、スマートフォンの2大OS (というかこの二つでほぼ独占…) であるAndroidとiOSは、それぞれ "Google Play (以下 GP)" "App Store (以下 AS)" というアプリマーケットを持っています。日本国内では3人に2人がiPhone、残り1人がAndroidとリンゴ好きが多い。だがしかし、世界的なスマホのシェアで言えばおよそ9:1の割合でAndroidユーザーが多数を占めております。(世界はドロドロしているのか…。違)

 

 少し調べてみたところ、2013年まではASの方が配信アプリ数(※)が多かったのですが、2014年に逆転。GPは2016年2月で配信アプリ数 200万本を達成しているのに対し、ASは2016年6月で達成。4か月の遅れがあると言え、アプリ数の差は数千、あっても1, 2万 (約1割ぐらいか?) 程度とそんなに差はないように感じます。

 ではダウンロード数で比較してみるとどうでしょうか。2016年のASにおけるアプリDL数は約290億回、一方GPは約630億回でサードパーティーまで入れると1,000億回をゆうに超える。これは単にユーザーの多さが要因だと思っていたが、スマホシェアの数は 9:1と圧倒的だったのに、DL数ではサードパーティ込みでも 4:1 となる。ということは、1端末あたりのDL数は、iPhoneユーザーの方がAndroidユーザーよりも倍ぐらい多いってことになるのか。

※ ここでは、総ダウンロード数ではなくてマーケット内で所有するアプリの総数を指します。

 

 

あれ? もしかしたらこの広告のポイントって iPhoneの神アプリではなくて、

「iPhone上級者が選ぶ、Androidの神アプリ」になるのか!?

 

・・・まぁいいや! はい、次っ!!

 

仮説1の参考 (全て2017年5月16日時点):
[1] Google Playストアのアプリ数が今年2月の時点で200万を突破 | juggly.cn
[2] AppleのApp Store、アプリ数200万本、総ダウンロード数1300億回、デベロッパーへの支払い総額は500億ドルに | TechCrunch Japan
[3] 「ダウンロード数は倍以上なのに収益は半分以下」Google PlayとApp Storeの奇妙な関係 - GIGAZINE
[4] 【2017】iPhone iOSとAndroidスマホのシェアを日本国内と国別で比較! | Apple Geek LABO

 

 

 

● 仮説2:Android上級者はiPhoneも使っている (使っていた) 説

 

 ここ数年のMVNO (Mobile Virtual Network Operatorの略。 簡単に言えば "格安SIM" のこと) の普及によって、"ガラケー + スマホ" や "スマホ + タブレット" などの2台持ちするユーザーが増えてきましたね。
 実は、私も3年前から "ドコモガラケー (Docomo F-09A)" と "SIMフリータブレット (ASUS MemoPad 572;  Android)" の2台持ちです。一時は世間の波に乗ってスマホに変えたのですが、料金は高いは目は悪くなるわ、あげくの果てには「電話にでれねえぇぇー! はあぁぁぁぁぁー…!!」となったので、2年縛りの解除と同時に解約しました。笑  …やっぱり電話はガラケーに限る!

 

 とまぁ、そんな2台持ちですが、この広告主である "Android上級者たち" はiPhoneの2台持ちをしている (もしくはしていた) という考えですね。

 日本国内におけるスマホの歴史をたどってみますと、日本初のAndroidスマートフォンは2009年7月よりドコモから発売された "HT-03A (HTC製)" とのこと。一方、iPhoneはそれよりも1年も早い、2008年7月よりソフトバンクから発売された "iPhone 3G" が最初だったようです (・・・iPhoneのが先なのね。知らなかった…。)。

 広告では「歴8年」とうたっているので、確かに主たちは発売初期のころからAndroidスマートフォンを使っていたことになります。スマホを黎明期の頃から持っていたユーザーたちは、おそらくデジタルガジェットに興味を持っていた層に違いない。ということは、ほぼ同じタイミングで発売された "iPhone 3GS" (2009年6月発売)も気になっていたはず。

 

 少し横道にそれますが、2009年におけるキャリアのシェアは、
ドコモauソフトバンク53" であったことから、ーガジェットに興味を持つ人々が特定のキャリアに偏っていないとすればー、単純にiPhoneよりもAndroidを購入した人が多かったと考えられますね。
(なんとなくソフトバンクに偏重していたような気もするけど…笑)

 

 つまり、はじめて買ったスマートフォンはAndroidだったため肩書きとしてはAndroid上級者としたが、実はライバル(?)であったiPhoneも気になっていたためそちらも購入。

 そして、AndroidとiPhoneの2台を使って選び抜いた (Google PlayでもApp Storeでも配信している) "神アプリ" を指しているのかもしれません。紹介されているアプリを調べてみると、確かにGP・ASの両方で配信しているようですね。

 

 

 でもさ・・・

 

 

 

…それだったら、「スマホ歴8年」でよくないか!?
大人の事情ってやつなのかな…。

 

 

仮説2の参考:
[5] MVNOとは? | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま
[6] 全てはここから始まった!日本初のAndroid搭載スマートフォン「HT-03A」、発売から5周年を迎える! | オクトバ
[7] 日本で発売されたApple「iPhone/iPad」シリーズまとめ - NAVER まとめ
[8] 3大通信キャリアのマーケットシェア動向(2008年~2016年9月) - ヒトリフェスト.com|インターネット界隈の雑念

 

 

 

● 仮説3:「そう、iPhoneならね。」でゴリ押し説

 

 (だんだんメンドくなってきた。) 
 仮説1の中で、日本国内におけるスマートフォンのシェアは "泥:林檎 = 1:2" というお話をしました。 ということは、とりわけ日本国内においては、
「 "スマートフォン ≒ iPhone" と言っても過言じゃないだろう!」
という非常に短絡的な発想から、こうした広告になったのだろうと考えました。

※ (念のため) 泥 = "Android (アンドロイド)" のドロから。林檎 = iPhone…すなわちAppleから。

 

 この広告のターゲット層が、「LINE使いたいから」「周りがみんなスマホだから」といった理由でスマホを持っているライト ~ ミドルユーザー向けだとしたら、androidとiPhoneの違いにそこまで気を遣わないはず。言い換えれば、泥と林檎の区別をしっかりとしている人は、こうした広告を見ても反応しない可能性が高い。そうした人は、人から薦められたアプリを入れる前に、自分で気に入ったのをインストールしているはずです。

 

 それゆえに、この広告主が考えているターゲット層では、前述した "スマホ ≒ iPhone" の公式が成り立ってしまうため、あえてAndroidスマホの画像ではなくて、認知度が高いiPhoneの画像を使ったのではないかと考えられる。

 事実、スマートフォンのイラストで描かれているのはiPhoneであることが多いですし、この説はある程度有力なのかもしれない。 (ほんと…?)

 

 

 

 

 

・・・とまぁ、3つの仮説を立ててそれぞれについて考察してみました。

では実際にそのページに飛んでみるとしましょう。

dotapps.jp

 

 

f:id:harryard:20170518204024p:plain

 

・・・開いてみた。説明文が冒頭に書かれているので読んでみる。

 

 

 最新版!Androidユーザー必見!Android歴9年の上級者が選ぶ超便利アプリ特集!
 超便利で本当に使えるおすすめAndroid神アプリをご紹介。
 ニュースアプリや生活アプリ、家計簿アプリ、フリマアプリ、動画アプリなどジャンルは多彩。
 最新のアプリから話題のアプリまで、様々な場面で便利に使える神スマホアプリ情報が満載です。
 あなたのAndroidを超便利にしたい方はこちら! 

 

 

 

 

「あなたのAndroidを超便利にしたい方はこちら!」

 

 

 

 文面に "iPhone" の文字が1回もでてこないどころか、もうAndroidって言いきってんじゃねーか!

 

 

 ってことは・・・

「広告主が何も考えずにiPhoneの画像を使っただけ」

じゃないか!!!爆

 

 

 

 

(・・・時間返せバカッ (ノ`▲´)ノ ┫ )

本日はここまでっ!