“ 少し不便なぐらいでちょうどいい ”

私らしくあなたらしく。そして人間らしく生きたいと願うすべての方に

「親子そろって "SALTY" にはまる」の巻

今週のお題「おやつ」

 

 

 ここ数日は5月とは思えないほどの暑い日が続きましたが、皆さん体調はいかがでしょうか。案の定 (?) 暑さに弱い私は、軽い熱中症にかかってダウンしていました。笑
コンクリートの照り返しって辛いよね・・・うん。

 

 

 

 さて、今日は「おやつ」というお題です。ここ最近の夏みたいな暑い日には、私は森永乳業の "ピノ" を食べたくなります。
なのでピノを取り上げよう! ・・・としたのですが、ありきたりですし、そもそもアイスクリームってトマトやスイカと同じ "夏の食べ物" じゃないですか!!
(・・・いや、野菜と同列に扱っていいのものなのかな !?)

 

 なので、シーズン物のピノではなくて、今回のお題では一部のブロガー(※)で人気沸騰中の塩サブレ SALTYをご紹介します!!
※ はりーさんとその母上、ときどき猫。 (注:母と猫はブロガーではありません。)

 

 

 

 

 

f:id:harryard:20170523223507j:plain(画像は 株式会社 東ハト / "SALTY" 公式HP より拝借)

 

 "SALTY (ソルティ)" は株式会社 東ハト(Tohato)より発売されています。ちなみに、東ハトの代表作として "キャラメル・コーン" や "暴君ハバネロ" がありますので、意識しないまでも一度は口にしたことのあると思いますよ。

 

 

 さてさて、そのSALTYですが、いつから発売されていたのかは定かではありません。ですが、私の母によれば私が生まれる前からあったとのことなので、少なくとも20年以上の販売歴があるロングヒット商品です (たぶん)

 バター味とキャラメル味の2種類がありますが、個人的にはバター味一択ですね。
・・・というか、そもそもソルティ自体があまり店頭に並ぶことのない商品なので、キャラメル味はほとんど見たことがありません。(-∀- )

 

 

 

私がオススメしたいポイントは、以下の2点です!

  1. 大胆な塩味
  2. (見かけに反して) ポロッという食感

 

 

 一つ目の塩味ですが、決して「しょっぱっ…!」というわけではありませんのでご安心を。笑
 パッケージでもうたっているように、味のキーとなるお塩はフランス北西部のブルターニュ地方のものを使っているみたいです。 公式HPには、お塩について以下のような記載があります。

 

 古代ローマ時代から全く変わらない手作業で火も動力も使わず、自然の力だけで作られています。海水を干満の差によって塩田に引き込み、太陽と風の力だけでゆっくりと結晶になった塩を手作業で収穫。採取された塩は乾燥し、天然の風味を損なわないように石臼で挽いてから袋詰めされます。  (※太字は筆者注)

 

 そんなこだわりのあるお塩ですが、ソルティ5枚分であのポカリスエット (大塚製薬) 約1本分(500ml) の量を使っています!(含有食塩量で計算)

 

 

・・・塩分の取りすぎにはご注意を!笑

f:id:harryard:20170523232018p:plain
(※ SALTY画像はサミットストア公式Twitter、ポカリ画像は公式HPより拝借)

 

 

そして二つ目の食感ですが、一見クッキーのように硬そうに思えますけど、実際に食べてみるとアラビックリ!
恐らくこれを読んだ人が思うよりも5倍ぐらいはやわらかいため、サクッという枠を飛び越えて、もはや粉雪のごとくポロッという食感です!
・・・粉雪ならぬ塩雪でしょうか?(意味不)

なお、かじるとポロポロこぼれるのはここだけの話。

 

 

 

 

 

 

・・・[PC]■_ヾ(・・*)カタカタカタ

 

 

 

・・・・・・[PC]■_ヾ(・・*)カタカタ…ターンッ!

 

 

 

 夜中にこれを書いていると無性に食べたくなってきますね。笑
 SALTYは1袋10枚しか入っていないので、1週間もしないうちに私と母で食べきってしまうんですよ。 だから食べてたくても手元に無いっていう・・・泣

 

 スーパーとかで売ってないという声も聞くので、見かけたら是非食べてみてくださいね! ・・・私も明日買いに行きます。