“ 少し不便なぐらいでちょうどいい ”

私らしくあなたらしく。そして人間らしく生きたいと願うすべての方に

珈琲を淹れながらマスターは語る「うわさってのはその人から関心を持たれている証」

おかえり!

 

雨の日が悪いといったのは一体誰なのでしょう。植物にとっては恵の雨でもあるはずなのに。さらに今は "梅雨"。これまで梅雨っぽくない日が続いていたのですが、昨日は午後から本格的な雨が降りましたね (今日また晴れてますが…)

 

たまには雨の音を聴きながら…! 

そう思って田フリの同期に紹介してもらった移動販売の珈琲屋に行ってきました。

 

 

 

 

富津市金谷で日曜日だけオープンしている "香豆珈琲 -kou's cafe- "

f:id:harryard:20170619135011j:plain

店名の由来は、マスターのお名前がコウさんだからだそうで。

 

この車で全国各地に珈琲を淹れに行っているらしく、珈琲本来が持つ香りを楽しんでもらうため、注文を受けてから豆を挽いてドリップするそうです。しかも、手動で。

移動販売って単価が決していいわけじゃないから、いかに1つの商品を短時間で提供する回転率が鍵になるんですが、コウさんはそれとは真逆を行くという。(笑)

お金ではないものに価値を置く彼に、私も惹かれていってしまいました。

 

 

香豆珈琲 -kou's cafe- の詳細については、私の同期であるハナコが紹介してくれていますので、ぜひそちらをご覧ください。

【穴場感◎】富津に行くなら日曜!限定オープンの移動式コーヒー屋さん

※ 余談:ちなみにハナちゃんは夫婦で世界一周を成し遂げています。「旅する世話焼きBBA」と、何ともまぁインパクトのある名前で自身を称していますが、個人的に最後の3文字はいらないんじゃ…?笑 

 

 

雨音をBGMにコウさんと3時間トーク

最初は雨音をバックに珈琲を飲んでゆっくりしようか…ぐらいの気持ちで行きました。

あとは移動販売に興味があったので、そのお話も少しできたらな~といった軽い感じでした。

・・・まさか、3時間もお話するとはゆめゆめ思わず (笑)

 

 

ただ、ご本人もFacebookで述べていますが、あいにくの天気では登山客の足も途絶えてしまいます。事実、私は約3時間ほど居座ってしまいましたが、私以外のお客さんはたった3人だけでした…。

  

今日は朝から曇り空。
天気予報から覚悟はしていたものの、13時前辺りから雨が落ちてきてアッと言う間に本降り(哀)
こうなると移動販売車(カフェ車)でのアウトドア出店者は悲しい宿命となってしまいます(^^;;)
鋸山登山客などほぼ皆無。午前中に登られた方もロープウェイに避難避難ッ…(^^;;;;)
香豆珈琲 -kou's cafeのフェイスブックより )

 

少しお話してみたところ、"車好きなところ" や "意外にも地元が近い" といった共通点があり、そこからは井戸端会議ならぬ、雨よけタープ(テント)会議をしておりました。

でも3時間はやりすぎ。

 

 "うわさされる" のはその人から関心を持たれている証拠

f:id:harryard:20170619151421j:plain

(↑ 香豆珈琲のメニュー (2017年6月時点):私はハンドドリップ珈琲とHOTジンジャーを頂きました)

 

 
そんなコウさんにちょっとした私の悩みを打ち明けてみました。

田舎ってすぐにうわさが広まるじゃないですか。そのせいなのか、周りの目をかなり気にするようになってしまって…。

一番辛かったのは、私が適応障害になって家にいるようになったときに母から
「日中は家から全く出ないか、ずっと外にいるかのどっちかにして。」
って言われまして。

まぁ、25にもなる男性が平日の昼間から家にいたら格好のネタですからね(笑)

母が悪いって言うわけじゃなくて、そうして周りの人に話題にされるのがイヤだったんだと思います。

関連:
仕事のストレスで適応障害になり退職。でも私は大切なことに気がつけた - “ 少し不便なぐらいでちょうどいい ”

 

といったお話をしました。

それに対しコウさんは優しくうなずき、こうお返事をいただきました。

 

確かに田舎はうわさがすぐ広まるってのはあるよね。

でも僕は、逆にうわさされたほうが嬉しいと思っていて。
なんでかっていうと、"うわさされる" ってことは良い悪いに関わらず、その人が僕のことに関心を持ってくれているってことだからさ。

関心がない人のうわさ話なんてしないでしょ。

だからこうした地域でうわさされていても気にしないし、もっとして~(笑) みたいな感じかな。

 

・・・正直、目からうろこの内容で、一瞬言葉がでませんでした。

 

 

 

この話を聞いているとき、ふと自分の中である台詞が思い浮かびました。

 

人はいつ死ぬと思う…?

心臓を銃で撃ち抜かれた時… …違う。

猛毒のキノコスープを 飲んだ時… …違う!!!

…人に 忘れられた時さ…!!!

(尾田栄一郎、"ONE PIECE"、145話より)

 

 

 

これらを統合すると、こういうことになる。

f:id:harryard:20170619161409j:plain

 

「うわさされる」ということはその人が社会的に生きている証。

だったら、あえてうわさされることを受け入れ、人生を楽しもうじゃないか。

 

・・・そうコウさんに言われているような気がした。

 

 

クチコミだってうわさ話

コウさんが大切にしているのは "クチコミ命で一期一会を大切にしたい" ということ。

Facebookで多少宣伝はするものの、大々的にしているわけではない。

それでも、お客さんがお客さんを呼んできて、つまりクチコミでお店のことが広まっていき、今に至るという。

 

 

私の悩みばっかでアレだが、私のブログをどうやって他の人に知ってもらおうとすごく悩んでいた。

周囲にその話をすると「SNS (Facebook, Twitterなど) で拡散すれば~」って言われる。もちろん、そのアドバイスは間違っていないし、時間を割いてアドバイスをくれたその人を否定するつもりもない。自分の中で、どこか腑に落ちないというか、パズルのピースが微妙にはまらないような感覚だった。

 

 

いろんな人に話を聞いてたくさんの情報が集まっていく中で、コウさんの話を聞いて何かがストンと落ちた。

 

あぁ、そっか・・・私にはこれが一番合っているんだ。

 

 

 

私は今日も "ここで" 発信します。

SNSを使って "旅する人" でもよかったのかもしれないけど、でも、何かが帰る場所であってほしい…その想いが強かったです。

今回から冒頭に「おかえり」ってつけたのも、"帰る場所" という概念が言語化した一つであるのかと思います。
※ 半ば無意識でつけていました。笑

 

 

そんなコウさんと会える場所は、公式Facebookでチェック!

また次の日曜 (2017年6月25日) には金谷にいらっしゃるみたいなので、近くにお立ち寄りの際はぜひ!!

 

 香豆珈琲 -kou's cafe- Facebookページ