“ 少し不便なぐらいでちょうどいい ”

私らしくあなたらしく。そして人間らしく生きたいと願うすべての方に

【こじらせ女子・ichさんが夢を語る】ブログを通じて女子がもっと幸せになれる世界を

おかえり!

 

先日 "こじらせ女子のエスティシャン・ichさん" が、まるもに体験移住に来てました。

たった1週間でしたが、彼女の話しぶりやブログから感じることは、

「誰かからしてもらう…与えてもらうのではなくて、自分から行動して掴みに行く」

ということ。

 

何が彼女を動かすのか、その根源にあるものは何なのか・・・今日は、そんなこじらせ女子・ichさんの本音にせまる物語。

 

 

 

「まずは自分から」…大好きだった彼と別れて気がついたこと

f:id:harryard:20170621135710j:plain

 

ichさんが学生時代から2年間付き合っていた彼氏は、今の彼女の人生に大きな影響を与えている。

でも "すれ違い" とはまさにこのこと。一足先に社会に出た彼女は、まだ学生である彼との "ズレ" を感じ始める。そして、その半年後、自ら別れを告げたという。

 

「彼氏と別れた後はすっごく苦しかった」と今では笑って語る彼女。当時は、自責の念にかられ7kgも体重が減ったそうな。

別れる前と後とでは「まるで別人のよう・・・ 」、そう思っていたが、あるとき全く変わっていない自分自身に気がついたという。

 

彼氏と別れてわかったのは "私は空っぽだった" ということ。

変わったように思えたのは、元々空っぽな自分が彼によって満たされていただけだったんだな…って。

人に満たされることも必要だけれど、その前に自分で自分のことを満たさなきゃって。待っているだけじゃダメなんだ、って気づかされたの。

 

ほら、コップに水がある程度入っていれば、人から少しずつお水をもらえばいっぱいになるけれど、空っぽだと全力で注いでくれる人がいないとダメなわけで。

愛情を注いでくれる人を待ってるだけじゃ、年取って死ぬだけだなって思った。

個人的には「彼が居なきゃダメな人生」ってないと思うんだよ。

 

そう思った彼女は、そこから変わりはじめる。

「まずは自分からっ」

21歳、夏の終わり。彼女は小さな決意を固めた。

 

 

カメラを通じて自分を表現したい

f:id:harryard:20170621135743j:plain

社会人として働きつつも、自分ができることを探し始めたichさん。

手始めにやったのは被写体モデル。

 

・・・だが、すぐに辞めたと言う。

 

被写体の仕事は結局のところ、"お金で体を売っていただけ" っていうことに気がついちゃって。

これは社会人時代にも感じてたことだけど、"女の子" って言うだけで社会的地位が圧倒的に弱い。

被写体の立場じゃ弱者から抜け出せないって思って、撮られる方から撮る方 (カメラマン) になった。

 

彼女の撮る写真は、風景や物体が多い。もちろん人も写すのだが、集合写真のように正面を向いたものではない。

彼女がカメラを通じて表現したいのは、文字通り風景を切り取った「私の目で見たありのままの世界」なのかもしれない。いやしかし、きれいだ。

 

 

f:id:harryard:20170620225430j:plain
(※ 写真はichさんのブログ "愛しいものは抱きしめよう **" より拝借)

 

 

カメラで得られる刺激が一旦落ち着いた頃、彼女はとある人物に出会う。

 

 

プロブロガー・やぎぺーとの出会い。そして囲む会を開催

2016年12月。わずか半年前の出来事である。

友達の中にやぎぺーさんが好きな方がいて、その人の影響で彼のブログを見るようになったという。

 

-----補足-------------------------------------------------------
「やぎぺーさんって誰?」って人に説明!

やぎぺー (本名:八木仁平) さんは月間70万PVを誇るプロブロガー。
20代から多くの支持を集め、「自分の得意なことだけをやっていく」をモットーとしている。

ブログはこちら ⇒ やぎろぐ
----------------------------------------------------------------

 

同い年ということもあり、やぎぺーさんの魅力に惹かれて行った彼女は、2017年の元旦にブログを開設したという。・・・彼女が持つ行動力にはいつも驚かされる。

そのときのメッセージはこちらである。

 

 

そこからメッセをやりとりしていると…、

 

となったそうな・・・!!

 

聞いていて、ただただ「すごい」としか言いようがなかった。

ブログを始めて4日、やぎぺーさんと直接やりとりをするようになってから、わずか2日の出来事だった。

 

そして翌月の2017年2月に、"やぎぺーを囲む会" を無事に開催。

※ 開催までのichさんが駆け巡った様子が、彼女のブログにアップされていますのでよかったら。

 

彼女はそのときのことを、こう振り返る。

「自分じゃ会えないから…」そう自分に言い聞かせている間は絶対に会えない。 少し殻を破って会いたい人には「会いたい!」って言った方がいい。

実際、私はそれでやぎぺーさんに会えたし。自分で自分を否定しちゃ何も始まらないんだと思う。

 

それに、口に出すことで思っていたことが現実になるってのはよくあるし、囲む会を準備するときも「みんな助けて…」って呟いたら、たくさんの人に助けられた。

世界は案外優しいんだなって思ったよ。

 

でも、終わったあと一番強く思ったのは

「女の子のブロガーさんにもっと会いたい!」

ってことだったかな(笑)
※ やぎぺーさんを囲む会は総勢15名が参加したが、そのうち女性はichさんも入れて2人だけだったという…。

 

 

やぎぺーさんの件が起爆剤となり、ichさんのブロガー人生は大きく進んでいくことになる。

 

 

ブログは夢を叶えるツール

f:id:harryard:20170621010938j:plain
(※ 画像はまるも店長のブログより)

 

2017年4月、彼女は東京に出てきていた。DMMオンラインサロンに参加するためである。

そこでは、"宮森はやとさん" や "keitaさん"、"あんちゃさん"などブロガー界では名の知れた面々が、六本木のオフィスを貸切にしてブログ談義を行うという、何とも贅沢なイベント。

(※ イベントの詳しい様子は、コミュニティスペースまるもの店長・もぐらのぞみが書いていますので、よければそちらもどうぞ。)

オンラインサロンがブログ熱を刺激する。#ブロビレ イベントがDMMオフィスで開催! - もぐらのぞみのPR!

 

 

講師陣が口を揃えて言っていた台詞が、今でも彼女の中にずっと残っているという。

 

 

「ブログは夢を叶えるツール」

 

 

 ちょうどこの頃、なぜブログを書くのかがわからなかった彼女にとって、この一言でハッと気づかされたという。

「ブログは夢を叶えるツール」。そう聞いてブログが持ってる可能性をすごく感じたの。

そして「自分の夢って何だろう」「自分の根源って何だろう」って考えたときに、浮かんできたのが「もっといろんな女の子と知り合いたい」だった。

昔から女の子に好かれていたのもあったし、それに、はっきりとした夢ってまだわからないけど、人と会って話を聞けばわかるかもしれないと思って。

 

ほら、2月のときのやぎぺーさんのやつは、女の子が私入れて2人しかいなかったでしょ。

初対面で、しかも異性ばっかりだとやっぱり緊張しちゃうんと思うんだ。自分もそうだったし…(笑) 

 

それを受けて「ブロガー女子に会いたい!」と思い、5月初旬ににブロガー女子会を立案。

それからわずか数週間後の6月2日、総勢10名のブロガーとともに "ブロガー女子会 @PAETRS" を実現!

 

・・・やぎぺーさんのときもそうであったが、何たる行動力スピード感だろう。

ブログを始めて半年足らずとは到底思えない。2月のやぎぺーさんを囲む会の経験があるとは言え、彼女を突き動かす想いは何なのか。

 

 

おそらくそれは、ichさんの「たくさんの女子に会いたい!話したい…!!」という強い想いが、彼女の行動の大きな支えとなっているに違いない。

強い想いを持って行動することで、たくさんの人の心を動かすことができるのかと、話を聞きながら感じていた。

 

 

目標は "女子が女子のままで幸せになれる世界" 

f:id:harryard:20170621135926j:plain
(※ 画像はichさんのブログより)

 

先述の女子会を終えて、彼女はこう語っている。

女子会をやってみて、女子が秘めている可能性、そしてブログが持つ可能性を改めて発見した。

ブロガーだと顔出ししている人が多いけど、女子ってそれ (顔出し) に抵抗ある人も多い。顔を出さずとも有名になっている人はいるから、ブロガーになるのに顔出しは必須じゃないな~と思って。 

 

プロブロガーのあんちゃさんって純粋にすごいと思うし、私も尊敬している。

あんちゃさんのことは大好きだけど、でも、みんながみんな、あんちゃさんみたいなすごい人になれるわけではない。 

私はあんちゃさんでない、ブロガー女子のロールモデルを作りたい。

 

こう語る彼女の目には、半年前にブログを始めたとは思えないほど、しっかりとしたビジョンが映し出されていた。

 

 

続けて、これからやっていきたいことを、彼女は輝かしい目で語ってくれた。

 

「現状に大きな不満はないけど、どこか物足りない・・・私は空っぽなんじゃないか」っていう女の子に向けて、夢を叶えてほしいと思ってる。

女の子の生き方って、これからもっともっと自由になっていくと思うから。

その夢を叶えるための手段が "ブログ" なんだけど、 やっぱ女の子は弱い一面も持っているから、誰かと一緒にがんばることでその夢を叶えられるんじゃないかなって。

目標は、"女子は女子のままで幸せになれる世界" を作ること。

 

4年前、彼氏と別れて自分を見失い、こじらせてしまった経験があったからこそ、そうした女性達に向けて彼女なりのメッセージを届けたいのであろう。

男性である私も、ただただ共感して頷くだけであった。

 

 

そして彼女は最後にこう言った。

 

好きなことをやっていくって大変なことも多いけど、だけど人生の中ですっごく楽しいっ!!

 

 

今日も彼女は女の子のために走り回っている頃であろう。

これからの時代に必要なのは、某アニメーション映画のように「ありのままで生きていく」ことなのかもしれない。

彼女を見ていると、自分のことを抑えずありのままで生きていくことの重要さ、純粋さがヒシヒシと伝わってきたインタビューであった。

 

f:id:harryard:20170621005030j:plain

 

 

 

 

"こじらせ女子なエステティシャン・ich" のプロフィール【イベント告知あり】

f:id:harryard:20170621004357j:plain

1993年生まれ、鳥取県出身。

大学入学とともに大阪に来阪。卒業後は3年間アパレル業界で社会人経験を詰み、フリーランスとなる。

学生時代から付き合っていた彼と別れたことをきっかけに、まずは自分で自分のことを幸せにしなきゃと気づく。そこから、カメラを使った自己表現をする中で、女性の社会的弱さに違和感を持つ。

2017年1月、やぎぺーさんをきっかけにブロガー界に進出。女性の社会的弱さを改善するため、ブログを使って「夢を叶える」大切さを日々発信し、"女子が女子のままで幸せになれる世界" を作ろうと日々奔走中。

現在では、クレープの販売やエステティシャン、地域おこし、ブロガーなど多方面で活躍中。それが功を奏してツイッターでのフォロワー数は2,000人に迫る勢い。

人生の目標は、「行きたいところに行き、会いたい人と会う生活を続けること」。座右の銘は「思い立ったが吉日」。

近いうちに千葉に移住するとのうわさがある。

 

▽ 7月7日、七夕にichさんに会うならコチラ!

 

 

 

 

 ▽ ichさんのブログ


▽ フォロワー2,000人間近!